文明堂印刷株式会社 - ロゴ
ホーム 会社概要 事業内容 リンク お問い合わせ
DTP豆知識バックナンバー
DTP豆知識 01 - 05
DTP豆知識 06 - 10
DTP豆知識 11 - 15
DTP豆知識 16 - 20
DTP豆知識 21 - 25
 
DTP豆知識
第21回   紙の起源は?
イメージ画   DTP関係だけでなく、仕事をする上で欠かせないものの一つに紙があります。特に印刷物は紙によってずいぶん違う雰囲気に仕上がるため、かなり重要な要素ではないでしょうか。
 
現在の製紙法に近い形が確立したのは、紀元前2世紀頃。中国の蔡倫(さいりん)によって発明されました。これよりももっと以前に、紙の起源といわれている「パピルス」という、植物の茎を縦横に織りあげたものがエジプトで作られていましたが、現在のような紙と呼べるような物ではなかったようです。
 
みなさんもよくご存じの通り、紙は木材から出来ています。木材からパルプを作る製法が出来上がる前までは、麻や木綿を原料にして紙を作っていました。
現代の製法が確立したのは、19世紀後半、実はここ100年の話だそうです。
第22回   サムネールとは?
イメージ画   アプリケーションソフトなどによく出てくるサムネール。その本来の意味をご存じですか?
 
サムネールは画像データやページなどを、小さいサイズで一覧表示する機能のことです。画像編集ソフトの多くがサムネール作成機能を持っていて、読み込む画像を選択するときになどに表示されます。画像ファイルが増えてくると名前だけでは判別しづらいので、サムネールは便利な機能です。
 
本来はthumb nail「親指の爪」という意味で、小さいアイデアスケッチを指す言葉なのです。
 
Copyright 2003-2004 BUNMEIDOU All Right Reserved. ページの先頭へ