文明堂印刷株式会社 - ロゴ
ホーム 会社概要 事業内容 リンク お問い合わせ
DTP豆知識バックナンバー
DTP豆知識 01 - 05
DTP豆知識 06 - 10
DTP豆知識 11 - 15
DTP豆知識 16 - 20
DTP豆知識 21 - 25
 
DTP豆知識
第1回   YMCKカラーって何?
イメージ画   シアン(Cyan)・マゼンタ(Magenta)
黄(Yellow)・黒(Black)の4色で、カラー印刷におけるインクの基本色のこと。
シアン、マゼンタ、黄の3色の比率を変えて重ねて印刷することで、すべての色を再現できる。
 
3色を同じ比率で重ね合わせれば黒になるが、実際に3色重ね合せで黒を印刷しても純黒に仕上がらないので、3原色+黒(スミ)の4色で印刷する。CMYKなどとも言う。
 
通常パソコン上で作業する際には光の三原色であるRGBカラー(レッド・グリーン・ブルー)を使うことがあるが、RGBカラーのまま印刷してしまうと色相のずれが起こる場合がある。
印刷を考えて作業をする場合はYMCKにした方が印刷した時の色相のずれが起こりにくい。
第2回   ルビって何?
イメージ画   わかりにくい文字や子供向けの印刷物につけるふりがなのこと。
全ての文字にルビをふることを総ルビ、難しい漢字にふりがなをつけることをパラルビという。
 
また「 五月雨(さみだれ) 」のように文字を特定できない場合に使うルビを均等ルビ(グループルビ)とも言う。
 
ルビの名前は宝石のルビーから由来している。
活版印刷の時代、英国では活字をその大きさごとに宝石の名前をつけて呼んでおり、ルビーは5.5ポイント活字の呼び名だった。
そして、当時ふりがなに使われていた5.25ポイント活字に最も近いおおきさなのでふりがな自体をルビと呼ぶようになった。
 
第3回   余白って何?
イメージ画   印刷物の版面の周囲にある余白の部分「マージン」を単に「余白」ともいう。書籍や雑誌の場合は、その位置によって、天、地、のど、小口などとよびわける。
 
[ のどアキ ]
ページの左右の余白のうち、綴じる側(のど)の余白のこと。DTPソフトで見開きドキュメントを作成するときの、内側のマージン(余白)がこれにあたる。製本様式や綴じ方、紙の厚さなどにより、必要とされるマージンが変わってくる。たとえば平綴じ(針金綴じ)の場合、ページの綴じている側(のど)が完全に開かないので、マージンを少し多めにする必要がある。
第4回   解像度って何?
イメージ画   「解像度」とは画像の精密さのことで1インチに何ドットあるかを示している。
単位には「dpi」が一般的に用いられる。
 
一般的に人間の目には300dpi以下の画像だと粗さを感じるので、最低の解像度を300dpiと考えた方がいい。
 
[ dpi ]
dpiとは「Dot Per Inch」の略で、1インチの中にいくつドット(点)が入っているかという事で、これで画像の質が決まる。
Adobe Photoshopなどの画像処理ソフトで解像度が低いものを数値上だけ高くしたり、拡大・縮小する事ができるが、入力した時よりも画像自体のもつ情報は増えない。そのため結果的に画像自体はきれいでなく、ぼやっとしたものになってしまう。 
第5回   オフセット印刷って何?
イメージ画   平版印刷方式の一つで、単に「平版」とも呼ばれる。
製版で作成されたフィルムをPS版と呼ばれる版に焼き付け(下図のような4枚の版が作られる)、インキが油性であることを利用して印刷する方法。
 
[ off-set ]
版に付いたインキを一旦ブランケットに転写し(off)、更にブランケットから紙に転写する(set)することからオフセット印刷と呼ばれる4色印刷の場合は、通常、墨B・藍C・紅M・黄Yの順に印刷される。
 
Copyright 2003-2004 BUNMEIDOU All Right Reserved. ページの先頭へ